Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面白かったもの




    こんばんは。

    こうもさぼっていると、何から書いていいのかわからなくなったりします。
    今夜は(も)ごちゃまぜです。
    虫、苦手な人、薄目で確認してから焦点合わせてね。

    

    梅雨入りしたこちら(神奈川県)雨は降っても降っていなくても元気に徘徊する
    ナメクジ、ダンゴムシをマンション内で毎日見かけます。
    うっかり壁にも触れないw

    ゾウムシ二種類は確認済み。わずか2mの距離で棲み分けてるのが面白いです。

    廊下を歩くときも目を光らせてるのだけど、こんなのが来てました。

    キノコムシだったっけ? 狭山丘陵の木のうろで見た...
    ちょっと確認してきます...(調べながら書いてる^^
    CA3A0175.jpg

    あーーー違いました。そもそも去年見たのもヨツボシケシキスイのほうだった。
    なぁんでこんなに似た模様なんでしょう。
    どちらかが得してるのか?
    で、これはヨツボシモンシデムシではなかろうかと思います。どうでしょう?
    キノコムシだったらいいのに~ シデムシかぁ...いえ、なんとなく。
    キノコムシって可愛いから。



    地下駐車場へと階段を下りていたそのとき踊り場で目を上げると目の前に
    じょわっとこんなのが。 ゲジです。ゲジゲジは愛称ね
    一回り大きいオオゲジなら...どきっとするだろうなぁ。
    CA3A0245.jpg

    体の動きが止まってしまいましたよ。次の瞬間にはおもむろに携帯撮影へ突入。
    撮影してる最中に住人の若い男性も通りかかり見られてしまったので
    恥ずかしくてピントが合ってません^^; いやぁやっぱり恥ずかしいですよ。
    せめてゾウムシ撮影だったなら...ま、いいか(笑)
    うあw こんなの久し振りに見たよ、しかもマンションで。
    気づかないだけで多くの生き物が蠢いてるのかも...
    そうそう、どちらが頭かわかりにくいのは仕様でしょうか。食われない為の...
    触らなくて良かった、驚かせると自切するんだと脚。キャw
    でも この斑模様の脚、わりと綺麗だなと思って見ていたのですが。
    ゲジについて語るのはこれくらいにしとこう。好きなのかと思われそう(笑)
    面白いけど、おっかなびっくり...ってとこです。
    
    またマンション内で何か廊下に落ちてないか探しておきまーす。






    次いで、全く違う海の中。

    先月、アオリイカの産卵シーンを見たのですが神秘的。
    息を殺してそっと見上げる私の真上を通り抜けるイカップル。
    体の大きな雄が小さい雌に寄り添いながらタイミングを待っています。
    で、彼らのタイミングで産みつけるのですが 
    今回は初めて見る仲間に最前列は譲り 私は後ろで見つめていただけなので ごめんなさい、産みつけられた卵しか撮っていません。
    波にぷら~んぷら~んと泳いでますねぇ。
    たまに外れて海底に転がってるのがあると少し残念。それもまた誰かの餌になるのでしょうけど...

    P1070968.jpg

    ありふれた魚やイカも海の中では息を呑むほど綺麗なことがよくあります。
    半透明なアオリイカの泳ぐときのぴらぴらの美しいこと、今度見れたら絶対写してきます。


















  ここご覧になる方って 殆ど知り合いだと思いますが^^;
  こんな感じで私もぼちぼち元気にしてます。
  新しい浴衣を買ったのだが、花火大会の人ごみが大嫌いだ...う~ん...

    
CA3A0252-1CA3A0226-0001-0001002.jpg

  自分も面白いものにくくってしまいました。

海にも春

 
      こんばんは^^


  日曜日は根府川に初めて行ってきました。ただし海の中です。
  真鶴半島の手前で感覚的には超近場。
  でも想像していたより穏やかな地形、繁茂する海藻が綺麗でした^^

  水底から見上げると神秘的で神殿のようです。
  今度はこの辺の景色だけもっと写してみたいです。。

  


  水路があります。その周りも海藻に覆われていて美しいなぁ。
  南の海の美しさと比べてしまいがちで^^;正直言ってこちらの海の海藻達、仕方ないと言うのかなあまり好きじゃなかった。
  でも今回はこのような美しい景色もあることに気づいて考えも改めました。
  
  P1070680.jpg


  水路を過ぎると砂地が広がってる。
  仲間の一人が“今日のうまそ~君”を見つけた。
  とにかく巨大だ。30cm以上はゆうにある。
P1070693.jpg

  コブシメだと思っていたが違うと言う話し。トラなんとか...だそうだ。
  図鑑で見るとトラフコウイカというのがいる、それかなぁ。
  人気者になって迷惑そうだ^^
P1070697.jpg

  イカもなんだか困ったなぁって顔に見える^m^
P1070698.jpg

  
  ここは関東大震災で駅のホームが海中に崩落した場所だそうだ。
  何番ホーム跡とかこのような看板も海中に置いてある。
P1070654.jpg


  私の”今日のお友だち”は大きな魚。大きな石鯛、黒鯛?
  特に黒鯛は指を出したり、猫を呼ぶみたいに声を出すと指先まで寄ってくる。
  もしかして...誰か餌付けしてる??
P1070661.jpg

  魚も大きくなると悠々としているし 知能も発達する?みたい。
P1070664.jpg

  石造りのマンションにお住まいのハゼの仲間。下から野次馬してたので写すとするっと中に隠れてしまった。
P1070675.jpg


  魚、イカタコなどまともなものには余り興味がわかない..^^;
  わけわかんない、見慣れないものの方が好き。
  貝については最近諦め気味。もっと伊豆の方まで行けば良いのがいるようですが。
  もっぱら講習を織り交ぜながら泳いでます。あ、あと水中でゴミ拾いも楽しんでいます。
  ルアーとか釣り糸、その他のゴミ達 港周り等は特に酷いものです。


  ふと岩場を通り過ぎる時 ヘンニャものに気づいた。
  まん中のもじゃもじゃはなんだ?
P1070580.jpg

  @@動いてるよw キモカワというかキモキレイ...巨大な黒いアメフラシよりいいよ~
  これまた、図鑑で調べるとツノアメフラシだそうだ。
  青いジャノメ模様と流れにたなびく体のもじゃが素敵。
  この子も背中に殻持ってるのかなぁ~ 欲しいけど無理だわぁ。
P1070584.jpg

  いつも潜る辺りは伊豆よりずっと手前のしかも浅場。 ウミウシもお馴染みのものが多い。
  アオウミウシの模様が余り無い子。
P1070558.jpg

  この子はしっかり模様が出てる。 陸上のナメクジ君もこんなにカラフルだったらねぇ。
  ナメクジじゃないけど感覚的には同じだよ。
P1070585.jpg

  この子はこの辺では蝶普通種のミノウミウシ?だったかな。でもこの子は藤色じゃなくて色素が薄かった気がしたのだけど食べ物の影響かしら?
  左手前の触角は紫色が出てるのに。
P1070588.jpg


  んで最近、管理人は痛い人なのでフードに猫耳を特注して作ってもらい喜んでおります。
  注文するときは大騒ぎ。丸みをつけてとか一辺はこの長さとか犬や悪魔に見えない様にとか(笑)

  こんな感じ^m^
seacat.jpg

  何事も面白くて、ちょっと難しいほうが続きますね。
  
  春濁り、早く落ち着いてくれないかなぁ。
  

春濁りの東伊豆


   昨日は東伊豆に久し振りに潜りに行きました。
   今年はダイブマスターコースを受講します。
   名前ばかりで技能が付いてかないのですが...ぼちぼちっと頑張ります。

  



  海中は春濁りと言われる植物プランクトンの増加による濁りが凄くて
  視界は5m? 周りはヨモギ色。 写真は寒色フィルターかけてます。
  カメラを忘れたのでイントラさんに写してもらった写真。

  目の据わった変な顔なので見せたくなかったけど....
  牛柄さん、生きたタコノマクラ見てないって言ってたから転がってるもので写してもらった。
  次は生態写真を綺麗に撮れたら載せます^^




  お昼は宴会でした。窓から満開の桜が見えたので嬉しかった。
CA3A0071.jpg


  海岸の岩場には菜の花も咲いていましたよ。

  さくっと書いちゃった。
  知床の写真に次回から戻ります。

川やら海やら。海編




     こんばんは~!
  

  内容は前回の続きです。
  個人的な趣味で今日は特に写真が多いのでご注意下さい。




  飛行機からぐるぐる眺めていた浜に降りれるので とっても嬉しい^^
  海岸線をいい調子で流し 頃合いの降り口から進入してみました。
  
  こんな看板がありました。クリック拡大します。
  _DSC5080.jpg

  お~ 日本海って書いてあるよ! 新奥の細道よりそっちに反応。


  立派な砂浜がずっと続いている。
  気持がいいと思ったら、ここは護岸工事と称するものや、テトラポッドが並んでいないんだよね。

  開放感が違う!

  んじゃ、左をご覧くださ~い! 天気がよいと遠くに鳥海山が見えるそう。
  _DSC5109.jpg

  右もw
  _DSC5110-.jpg

  正面w
  _DSC5092.jpg

  ほらね、やっぱりテトラ無いと網膜が喜ぶ感じでしょ。

  早速貝が落ちてないか下を見ながら歩き出す。
  事前に聞いていたけど 数は少なく完品は更に少ない。
  でもどちらかというと瑪瑙に期待していた訳です。

  すると嫌でも視界に飛び込んでくる巨大な奴ら。_DSC5085.jpg

  見慣れない人もいるかも知れませんがビニールではなくクラゲね。
  牛柄さんに教えてもらいっぱなしだったがエチゼンクラゲだそうだ。
  @@これがそうなんだ~海中写真と余りに違うし 実物は初めて見ました♪
  ええ、嬉しいですとも。面白いじゃない?


  少しだけ調べてみました。
  日本最大のネクチクラゲ目エチゼンクラゲです。
  ネクチクラゲのネクチって口が奥にあって職種触手が余り無いのが特徴みたい。
  傘の大きさ1m、重さ100キロ以上にもなるそうだが、
  ニュースで大量発生して漁師さんが困ってる姿は何度か見ましたね。
  あとそれを水族館がソフトクリームに混ぜて売ってるのも話題になったよね。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%81%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B2
  

  あーしまった! 追記です。
  でっかいクラゲの写真↓ 水分が抜けて約80センチ弱!!

  



追記を表示

蛍光色の海藻



  こんばんは。

  これは確か...9月に写したものです。
  海と言えばこのポイントに来る事が多い私。
  アクセスが楽なのと潮間帯が危険な地形じゃないから。


   水が冷たくて! 1時間泳いだだけ。
   生物もなんとも地味なのですが水深2mまでの間でしたけど
   蛍光色に光る海藻を写していたので紹介しますね。



   コノハノリ科 アヤニシキ  大きいもので手の平くらい。
  


  これは色が違いますが 恐らくアヤニシキの幼体ではないかな。。?
  この色も海中でだけ、水から出すと赤い海藻になってしまいます。
  P1060489_20071101213451.jpg

  
  そして縁がレース状になった成熟個体。
  なんとこのレース部分は生殖部だそうだ...随分美しい生殖器官だこと
  P1060487_20071101213529.jpg


  こちらの海はとにかく海藻が凄まじい。
  ちょっと深くなるとカジメという巨大な海藻が生い茂っていて 海の中の森!
  ヒジキやアラメ(?)様々な海藻が見られます。
  ウニも多いですね~ なにウニだろう?ムラサキウニ?でも今年は少ない気がしました。

P1060505_20071101213209.jpgP1060480_20071101214239.jpgP1060492_20071101213344.jpg

  潮間帯には小さな幼魚が群れなしてます。 
  ここから暫く行くと江の島ですが シラス漁が有名です。
  すぐ近くで採れた生シラスや釜茹でのシラス丼はとーっても美味しい^^
P1060496.jpgP1060482_20071101214205.jpgP1060519_20071101213125.jpgP1060516_20071101213146.jpg



   地元の海 派手ではないけどいいものです。
  
   そろそろ夜間採集の時期が気になります。
   今年はクリスマスイブが一番引くんだよなぁ...
   ふふふ、イブなんて てやんでぇ!で行っちゃおうかな..

古里の自然想う秋



  関東はもうすっかり秋です。
  ブーツを履いても違和感が無くなりました。
  毎年秋になると淋しくって仕方ない感じになります..なりませんか?
  埋められない様な孤独感って感じない?
  相反する事かもしれないけど食欲の秋だったりもして(^m^)
  それにしても
  秋ってどうして◯◯の秋、と当てはめてみたくなるのでしょうね。


  結局コスモスを見に行く事も出来なかった週末。
  写真を見ていたら鹿児島のものもたくさん出て来て また里心が...0(><)0
  鹿児島帰りたぁい...

  以前紹介したかもしれないけど...
  鹿児島の左下、南さつま町の景色です。
  何時も行く海へ向かう際 他にもルートはあるけれど 必ずこちらの海岸線を眺めながら通ります。
  大体の地図をリンクしました↓
http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=31.23.38.065&lon=130.12.46.814&sc=7&mode=map&type=scroll
  ここの砂浜の大きさは見事です。ここの写真をブログのテンプレにしています。
DSC_2114.jpg

ここまで来ると海の色がほんとに綺麗。20代前半の頃は毎週こちらまで泳ぎに来ていました。 
DSC_2127.jpg

パステルカラーの世界に身も心も癒されます...


真夏、二期作のお米は刈り入れ寸前でした。今はもう二回目も済んだ頃?稲穂の暖色もいいね。
DSC_2123.jpg

アオサギものんびり警戒心も薄く近くを飛んだりします。
DSC_2117.jpg

畑の中の農作業小屋、トラクター、水門 何時も目がいきます。たくさんの自然の景色の中に少しの人の気配..落ち着く。
DSC_2124.jpg

知覧茶は全国的に有名。ここのお茶は甘いの! 某有名産地に出荷されてた可哀想な過去も有り。
DSC_2238.jpg


      母ももう今年いっぱいで退職するそうだ。
      このオンボロジープ君もそろそろ引退かも。
      小柄すぎて普通車のアクセルに足の届かない母の為 よく頑張ってくれました!
      DSC_2248.jpg


      来年は母と屋久島に行こうかと計画中です。
      母の健脚には着いて行けそうも無いのですが...

      

おしまい

  今夜でようやく西表関係の記事が終わりです^^
  まだお見せしていない写真はたくさんありますがきりがないので..


     唐突ですが
     貝の目って見た事ありますか?
  ぎやぁwっと怖く思う人もいるかもしれないのですが面白いので写しておいたものがありますので 下の写真を見てくださ~い!




  クモガイのまだ未成年の貝(亜成貝という)です。
  この仲間にはこんなはっきりとしたオメメがあって 目が合うとやな感じです~
  ほら、何事だ!!?って私を観察してるでしょ?二枚目のは下の海面を見てますねぇ~  
  はいはい、わかりましたよぉ。

P1050993.jpgP1050995.jpg



  そして これまた唐突ですがお盆のお供えものです。
  家の入り口の門柱下に置かれていました。
  地場産の果物やサトウキビが南国っぽいし、お花もたくさん飾られて華やかです。
  お盆(旧暦)に食べる鳥の炊き込みご飯は最高に美味しかったです。
  じゅーしーって言うのかな? 鳥が具だから鳥じゅーしーとか。
  お姐さんも『我ながら上手く炊けた』と自画自賛されていましたねぇ。
      P1060418.jpg



      旅行最後の日、悲しくて食欲もわかず
      朝食は作ってあったので申し訳ないのでお味噌汁と目玉焼きだけいただいた。なかなか喉を通らない...
      そんな中、宿のご主人が自家用船で港まで送って下さったのがとても嬉しかった。
      陽気な人ばかりでなく、シャイな人も多いのだけど溶け込もうとしていけば 
      ほんとに皆さんよくして下さいます。
      ご主人とまた来る約束をしバイバイ(^^)/~したあと
      石垣へ戻るフェリーの中 思い切り感傷に浸っていました。
      重油?が臭い(而も機械の熱で熱い)けど一番後ろの海が直接見える席にいました。
      写真が綺麗に写せるのもあるけど、必ず海面を見てるのですよ^^
      何かいないかなぁ~って。その方が船酔いもしないし。

      ラッキーだったことがあるのだ!
      鳩間島を過ぎた辺り イルカの大集団にあいました!

      始めすぐ近くに浮上して来たんですよ。(その時は見とれてて..)
      P1060427.jpg

      イルカ、海亀はいないかなぁ...て願って海面を見続けてた甲斐がありまして
      誰よりも早く堪能で来たのではなかろうかと^^ あ~幸せ~
      でもこの集団は100頭じゃきかなかったと思う。
      コンデジでは上手く写せませんでしたが写真の右から左まで全部イルカ! 
      種類はバンドウイルカね、おそらく。
      離れる時に見れて感動して涙がにじんだのだけど
      もっと嬉しかったのは 安栄観光のフェリーが突如スピードを緩めて
      ゆっくりとイルカクルージングしてくださったのです。
      高速フェリーなのに信じられない! 
      わざわざぐるっと後帰ってしばらくイルカをゆっくり追いかけて下さったの。
      もう船内は歓声、撮影で大騒ぎでしたよ。

      ここを関係者の方が見ることは無いと思うけど 粋な計らい感動しました。ありがとうございました!!
      海の神様、ありがと~!!



      石垣島に着き搭乗時間まで3時間以上間があります。
      タクシーに乗り込み余裕で帰って来れる範囲の観光地を相談し
      結局、日本100景にも選ばれた国の名勝地、川平湾に行くことにしました。

追記を表示

Appendix

CalendArchive

最近の記事+コメント

カテゴリー

タグリスト

植物生物散策公園フルーツペットオオワシ知床土産携帯上野動物園散策 上野動物園渋峠ルリビタキ雪上車寺家町日光マガモ湯ノ湖戦場ヶ原料理グルメ古民家チンチラスイーツ秋田梵字川比内鶏鉄道動物園温泉キノコラーメン西表天然記念物珊瑚白化現象ソフトコーラルウミウシヒラムシクリトリア蝶豆マングローブレンゲショウマ和歌山オゴクダ鹿児島錦江湾海猿トンボ迷蝶月島天然石ニジイロクワガタ飼育樹海セイヨウオオマルハナバチ梅シロップ品川水族館狭山丘陵富士山日の出江の島バリ島地震ミルク蟹スミレ昆虫多摩川PASMOホーランドロップ写真ガーデニングウスタビガマダガスカルヒルヤモリ日記デジカメぼけコーチマダガスカルヒルヤモリ招き猫角煮YouTube開聞岳桜島イデミスギノケーキアンブロワジー木登りメジロ青カビチーズ野鳥おかゆ夕焼け石垣島まーにグッピーアクアリウム単体珊瑚トロピカルフルーツマンゴスチンタイリクショウジョウトンボ画像D80デジイチウスバキトンボ霜柱マクロ南アコレクション中華料理ソシンロウバイベニオビショクコウラサボテンヤゴ羽化万華鏡ブラヴィッシーモディズニーシーお絵描き年賀状干支動画クマムシクリスマスサンタクロースクイズウィローモスヤモリ影絵レッドラムズホーン水槽アンモナイト化石ミネラルショー紅葉銀杏民間療ドリアン果物サシガメ地衣たんぽぽカリン酒カリン蜂蜜漬け花梨蜂蜜民間療法効能雪虫松ぼっくりムベ山野草ツワブキハトムギ水いぼお茶コーン茶深海ミラクルフルーツMacテンプレート手作り健康螺旋奥多摩お土産不具合比較ミネラルウォーター丹波村釣り堀小菅の湯奥多摩湖うさうさ占い穿孔エイリアンどんぐりお菓子タカラガイ三浦半島ビーチコーミングイチジクラフランススターフルーツ食べるドラゴンフルーツぶな三浦海藻エビハロウィンキャラクター仮装可愛いディズニーランド遊園地バッタカタバミスズカケノキご飯むかご伊奈半左衛門宝永大噴火富士ブナ富士景色釣りタチウオオオグソクムシ太刀魚民間治療薬ドクダミ熱帯魚ベタ草木染めタンニン赤ちゃん指しゃぶりとんぼ海外綺麗家庭菜園実り木の実自然韓国オオグソクムシ5878カニ特別天然記念物

激安通販ブログ

ブログ内検索

キーワードの言葉を入れて下さい。例えば どんぐり 等と入れます。関連記事が表示されます。

RSSフィード

大好きリンク先*貝殻缶はリンクフリーです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。