Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早春の気配を探して 後編




      こんばんはw
      寒さの厳しくなったこの頃、それでも早春の気配を探すブロガー心理でございます(笑)
      いえ、冬の楽しみに目覚めた今年は冬ならではなものも堪能しようと思ってますが。
      前回に引き続き 寺家町ふるさと村で見た惹かれたものを後少し。


  

  水仙は去年のうちから見掛けていましたが 水仙が植えられてる場所は谷戸。
  やっと咲き始めていました。ぽつんと...視線独り占め。
  



  遊歩道の中にこんなものが落ちていたけど..フジの鞘と実?
  枝豆を思い出し..美味しそうに見えないこともない。
  _DSC6337.jpg


  キセキレイ、カルガモ、シジュウカラ、メジロ、ハシボソガラス、スズメ大群、は見たけど 他にはいないかなぁとひたすら遊歩道を歩く。

  そこで思い出した。ここには神社があった筈、そだ!そこ行ってみよ。
  神社って小鳥が多くないですか?(他の方のブログを見ていてそう感じてる)

  近づいた途端 小さな林には小鳥がいっぱい!(;◎▽◎)うわ、何処見ればいい? しかもぎりぎりの嫌な距離w
  コゲラを無理矢理写してみたり、林の中をそぞろ歩く(実際は求餌中^^)シジュウカラのカップル、私を股下から覗き込むヤマガラ...
  お近づきになりたい!!

  そんなことを思っていたら 道路に突き出した枝にモズくんが。
  余りに近くて怖くて一歩が踏み出せない。
  追いかけて逃げられてばかりなのに この子は人馴れしてるのか
  近くから見上げてるのにどこ吹く風。
  _DSC6390.jpg


  こんな近くで見るのは初めてで 一瞬なんの鳥かわからない(恥)
  第一印象は赤い鳥!でした(笑)
  _DSC6385.jpg


  シャッター音に聞き耳? 可愛いですねぇ、小首をかしげて。
  _DSC6386.jpg


  寺家町ふるさと村に鳥見しながら散策に行かれる人がいらっしゃいましたら 
  熊野神社近くがいっぱいいましたよ。


  何でも回数を重ねるうちに巡り会いがあるものですねぇ。
  実は翌日も狭山丘陵で...ムフフ^m^





田んぼの風景 モノクロ*寺家町ふるさと村

20070214180556.jpg

のんびり歩く人の中では、自転車さえ早く感じられます。



20070214180509.jpg
いいなぁ。
田んぼの風景は久しぶり。垣根から覗いてみたり


20070214175507.jpg
捻ってみたり
これ傘地蔵がぞろぞろ歩いてるような...人型に見える。
『急ぎましょ』『急ぎましょ』って話してるみたい...に見えませんか?



20070214180630.jpg
天然色で。
春先に水の張られた田んぼはどうでしょう。
稲の上を風がさーっと渡る...

寺家町 モノクロ写真

すみません。
まだ 寺家町シリーズなのです。

写真の色を抑えてみました。
歩いた順に拾ってみます。

20070214175523.jpg

 梅を楽しみ...

20070214180431.jpg

根の道を登ると...

20070214180453.jpg

下を見下ろせます。 
どろんこの御散歩は犬の足にも優しそう。

20070214175435.jpg

遊歩道を下ると そこは"むじな池"
実際の池は焼き物に使う粘土の様な色。
20070214175447.jpg

もっと右まで写した写真でしたが...((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
なんだかどうしても...気になる感じで気持ち悪いものが...
そこをえいっ!とカットしました...
水辺は霊気の集まる場所...などと馬鹿な事考えてるのがいけないのでしょうね。
心理テストじゃないけど そう見える自分の状態なのでしょう、きっと。

20070214180643.jpg

むじな池を右折。
おそらく地衣類で覆われてるのでしょう 
白っぽい土の壁を見ながら下るとじきに熊野池でした。





ちょっと どきっ(〇o〇;)

寺家町ふるさと村で山ほど写真を撮りました。
ちょっとどっきりしたものをかき集めました。


釣り堀ですが 歩いて行ってこれが先ず目に入ります。


私本当に驚いて『おぉ~っ...』って言いました。
人間が.....不法投棄!?



画像を小さくしてるのでわからないかもしれませんが
枝先にたくさんの瘤が出来ています(〇o〇;)
不気味...
虫瘤? 病気? 何本かこういう木がありました。

20070214151012.jpg

落ちていた枝と瘤。
枝にまとわりつくエイリアンみたいだ。
20070214151115.jpg



(〇o〇;) 御見事なすじっぷり(変な表現ですね)
20070214145659.jpg

ちなみに上のキノコの表。朽ち木に生えていましたが 表は椎茸みたい。
20070214145706.jpg


スェードみたいで手触り良さそう。。。
キノコって本当に種類が多いです。
20070214145647.jpg

これも青い蝶や蛾の翅みたい(〇o〇;)
カワラタケでしょう!?
20070214145635.jpg


キノコはどっきりに入りませんか?
スーパー以外でキノコの類いを見ると ちょっとどきっとするんです、はい。

鶯神楽  寺家町で見かけた草花達

林の中の遊歩道。
なだらかな頂あたりで小指の先程ですが枝先に桃色の何かが付いていました。
です。 始めて見るです。
始めに目を留めたのは これ。
面白い形だなぁと見渡すと これはどうやら蕾みが開く所の様です。


星形で可愛らしいですが びらは野生種らしく堅牢な感じですね。


20070214145504.jpg名前はどうやら ウグイスカグラのようです。
鶯神楽 素敵な名前。
スイカズラ科スイカズラ属 Lonicera gracilipes var. glabra 
(varはバリエーションの意味)
バリエーションというからには他にもあって ヤマウグイスカグラ、ミヤマウグイスカグラ、コウグイスカグラとあるようです。
見分けるポイントとしてや枝に毛があるかないかとあります。
図鑑で見比べるとのつき方も少し違ってるようです


20070214145447.jpg 本来はの時期は4、5月だとか。 気の早い木(木の早いの、遅いのってありますよね)だったのか 暖かいからかお花だけ先に開いてしまった様です。
この木にはまだ葉が出揃っていませんでした。
普通は葉と花が一緒に写ってますので やっぱりちょっと変ですね。







20070214145516.jpg
華奢な枝先にぽつぽつと咲いています。
名前の由来は諸説あるようです。鶯がつくだけで春先取りな気分。
スイカズラって甘い蜜のある花と同属です。形も似てます。
紅いグミのような実は美味しいそうですよ。








ここからは 見かけた花を記録を兼ねて並べます。
極普通の花達ですがご覧下さい。

20070214145551.jpg
このオオイヌノフグリは特に青色が濃くて美しかったのでお肌チェック
寄らせて頂きました。
しかしまぁ何時も何時も思うけど この和名を考えた椰子はどんなセンスなんでしょう。
学者馬鹿としか言い表せません。
この花の実が犬の◯○○○に似てるからだと、可哀想に。





20070214145604.jpg
お日様の方へ懸命に伸びています。
お日様の光を受けて嬉しそうに見えますよね。









20070214145727.jpgこの日カントウタンポポは 最初に出迎えてくれました。 
花の下の総包という緑のガクみたいな部分 これが下に反り返っていないので日本のたんぽぽです。西洋タンポポが多い中 ここには日本がまだ頑張ってるのね^^
たった一輪だけ 田んぼの土手に咲いていたので ずり落ちそうになりながら写しました。
帰りにもう一度写そうとすると...株ごと無くなってた...ショック
一つしか咲いてなかったのに~





20070214145817.jpg
自信ないですが ハルノノゲシかな。 一瞬たんぽぽに見えませんでした?
これってポキンと空洞のある茎を折ると白いネバネバ液でませんでしたか?
子供の頃 びっくりして毒汁だと騒いでた気がします。







20070214150250.jpgこれまた自信無く...
最初ナズナと思ったけど、、、違うような。
ミズタガラシ? 
花より実にピント合わせてしまいました。
それでも手ぶれしてますが^^







20070214150449.jpg

水仙は見頃を過ぎていました。
谷間の風の当たらない様な場所は随分と暖かでした。








20070214150534.jpg

目木科 ヒイラギナンテン Mahonia japonica
最近 植え込み等にも見かける事が多かったこの低木を 
トゲトゲの葉の様子から柊の仲間だとずっと思い込んでいました。
実際は柊南天、南天の仲間だそうです。紛らわしいなぁ~
このお花は甘い香りを漂わせるので 咲くと直ぐにわかります。
淡い黄色で大好きな花の一つ。
必ず葉っぱの遂げに刺されないように顔を近づけて香りを楽しんでいます。
葉も紅葉して綺麗ですよ(花に夢中で撮影してませんでした)


この日の帰り 近くの畑では菜の花も咲いていましたよ!驚き!
走ってたので写せませんでしたが驚きました~鹿児島に戻ったのかと思いますよ。

お花だけでまとめると なんていうのかな絵面がきれ~でございますね。(笑)
まだ寺家町シリーズ引っ張りますのよ~
ではでは。

寺家町ふるさと村 早春の虫

今日は蜘蛛や蛾も出ますよ。御気をつけて。


20070213004307.jpgこのあぜ道に写ってる田んぼの僅かな水たまり。
『なにもいなぁい』と通り過ぎる人が言ってたけど...
生き物の姿がありました。
タニシ?違いました。(タニシみたかった!)









20070213193536.jpg泥の上に貝が這った後があります。小さな正体が写っていますね。
サカマキガイ科サカマキガイ
Physa acuta Draparnaud,1805 です。
アクアリウムで水草を買ってくると たまについてきます^ー^
以前もいつの間にやら大きくなりましたが 
現在も水槽の中に1匹育ってきています♪








20070213193555.jpg逆巻きというだけあって 普通の貝とは撒き方が逆。
ほら殻口が普通と逆ですよね。
本来はヨーロッパ原産だったらしいけど 今ではどこでも見られるようになったようです。
他に5mmくらいの虫が水中をちょろちょろ動き回っていましたが 
よくわかりませんでした。
なんだろう?小さなベージュゲンゴロウのようなの。







20070213194121.jpg紅白で綺麗ですね。
慎ましい美しさです。
梅の花は早春の気分にぴったりです。

私もしましたが、どうしてここに立って通りを皆さん眺めるんでしょうね~
ぷちエスケープした気分でしょうか。



ここで見たのは花に来るミツバチ、ハナアブ
の仲間。




20070213193918.jpgとっても働き者。
花の少ない時期ですから このミツバチ達もここから離れなかったですよ。
足にも花粉団子が出来ていますね。
この花粉団子の固まりのような健康食品があるのですが 
親に無理矢理勧められましたが私にはあわなかったですねぇ。
きな粉の様な香りだった気がします。






20070213194021.jpg樹下には仮名ムクさんもお留守番。
新鮮だわぁ日本犬。
飼い主さんセンスいい。
黒い犬に赤い綱。 
金属製のリードじゃないとこも和です。









20070213193639.jpg更に下に転がっている木を返してみました(何か虫がいないかと) 
ああ止めれば良かった...ビッグサイズのナメクジがいました。民家で見かけるのとは違うものです。
それと日向ぼっこする?蜘蛛。
これ赤虎模様というのですか とてもカッコいい色合いでした。
名前はごめんなさい。

追記: 網を持たずに動き回ってたのでウヅキコモリグモではないでしょうか。クロココモリグモ?とも思いましたが。この仲間は卵を昔の野球部がタイヤ引きして走ってたようにくっつけてるんですって。だから子守りなのね。うんうん子孫は大事よね。





20070213193615.jpg林の中 木のうろを覗き込んでいたら蛾が飛び出しました。
羽のフリンジがレトロなカーテンのようですよ。
地味だけどなかなか綺麗だと私は思います。
今年は蛾の写真も撮って行きたいと思うのです。

追記:恐らくこれでしょう。シロフフユエダシャク エダシャク亜科の雄です。
雑木林で2-4月に見られるそうです。








20070213193822.jpg林の道は明るくて気持ちいい。
落葉樹ならではです。
ふかふかに積もった枯葉の間からはオオイヌノフグリがあちこちで顔を出していましたが
人気者のナナホシテントウはハイスピードで動き回っていました。
こらこらっと追いかけ回してる間にいなくなってしまった~
テントウムシは春モードですね、絶対。







20070213193844.jpgテントウムシの隣には
これまた働き者のハナアブが。
背中から写していませんので これまた同定できません。
牛柄さんとこでよく見かけた 
太ももが競輪選手みたいに太い子じゃありませんかねぇ?









20070213193758.jpg風に揺れるカラスウリじゃなく オオカマキリ?とにかくカマキリの卵が二つ。
カマキリの卵で積雪予想って何度も見かけましたが 私の二倍の高さで~!
流石にもうそこまで降りませんね。
洪水もなさそうだしカマキリも一概には言えないのかしら。
1つ持ち帰りしたかったけど。
ポチの温室に入れれば孵化したかなぁ~ でも彼の餌になるのも可愛そうだしで
そのままに。

珍しいものは見つけられませんでしたがこんな感じでした。
まだ寺家シリーズ、次回に続くんです。

寺家町ふるさと村の早春

今日は気分転換に横浜市青葉区にある寺家町(じけちょう)ふるさと村という所へ散策に行きました。
ここって地域の自然を守ろうという取り組みが1960年代からあったそうで
付け焼き刃の村おこしとは年期が違います。(古ければ良いという事は言えませんけど)
天気もよくセーター一枚で十分な暖かさでした。
田んぼ横の路肩にたくさんの車が止まっています。
みんな散策の人々のものの様です。
駐車場50台とネットにありましたが そんなの何処?
私は虫や鳥や花やぁ~っと鼻息も荒く期待アゲアゲでした。
ん、でも...写真の用水路見てがっかり...
あららこれは大きな庭みたいなものだなぁって。想像以上に手が入っていました。

写真は殆ど拡大します。


全面コンクリで塗り固めた用水路が走っています。
これじゃあメダカもタニシも蛍も駄目なんじゃないかなぁ。
特に蛍は自然の土手のままでないと、塗り壁のとこじゃ無理です。
第一 水量がないもの。 これって稲作の時だけ水を引いてるのかしら?


20070213004148.jpg
しかし調べると毎年 源氏ボタル、平家ボタルの両方が観察されている様です。
もっと私たちが入り込まない奥に自然の小川があるのかしら?そこから飛んで来るのでしょうね。
少なくともこのメイン道路と横の田んぼの周りでは蛍の繁殖は無理だと思いました。
(田んぼ周り奥の方も全てコンクリートになっていたので)
田んぼを振り返ると 住宅開発が迫ってきているのがわかります。

20070213004307.jpg
一枚目の写真、一目散にみんなが向かう場所。道路から左折してあぜ道をとことこ歩きます。
ぬるぬるして滑りそう^^
(ここもコンクリ固めだなぁ...)
おたまじゃくしがいないかと探しましたが見当たりませんでした。
というか水の残ってる田んぼ自体ほぼ皆無なので無理なのでしょうか?

20070213004219.jpg
はい、梅林でございます。
これを目指してみんな歩いていたのです。
谷間の小さな梅林ですけど 人が途絶える事なく見物にいらっしゃいます。
紅白取り混ぜて植えてあったのは どうしてだろう? 適当に植えたらこんな風だったのかしら。

20070213004344.jpg

虫はおらんかえ~ 鼻息荒かった私^^;やっと見つけた!
ミツバチとハナアブの仲間です。
これは形から見ると、、、クロヒラタアブとか?けど肉眼では明るい茶色に見えていたので
別かもしれませんね。というかー こんな離れた場所から同定できる様な神じゃなかったです。
20070213004333.jpg

完全に人間の手の入った里山ですが都会では貴重な場所です。
昭和の時代の香り、現在の中高年の人々にとり原風景(むろん 田舎で育った私にも)
紅梅の向こうには車と人が切れる事がありません。
みんな気持ちよくなる為に来てるの! 喜んでる声を幾度か耳にしました。

20070213004230.jpg
梅を眺めて描く人。

D200.jpg
描く人もいれば 離れた場所からカメラで撮影される人も。
凄い望遠だなぁ~羨ましす~! 拡大してみてD200? かななんて余計な事考えてました。

20070213004434.jpg
鳥の鳴き声がほとんどしませんでした。カラスばかり... 人が多すぎるのでしょうか? 
林の中を歩くと餌になるような実のなる木も全然なかったので ここはねぐらって感じでしょうか。
でも狸さんはいそうですね。
小さな獣道があります。

20070213004447.jpg
林の遊歩道を登って降りた先に 釣り堀もありました。
うじゃ=と並んでたのは 見事に男性ばかり。
この人 おもしろ~い!! 暑かったからね。うん。
...お洒落な洗面器被ってましたよ。


次回は見かけた花、虫、他を載せます。

Appendix

CalendArchive

最近の記事+コメント

カテゴリー

タグリスト

植物生物散策公園フルーツペットオオワシ知床土産携帯上野動物園散策 上野動物園渋峠ルリビタキ雪上車寺家町日光マガモ湯ノ湖戦場ヶ原料理グルメ古民家チンチラスイーツ秋田梵字川比内鶏鉄道動物園温泉キノコラーメン西表天然記念物珊瑚白化現象ソフトコーラルウミウシヒラムシクリトリア蝶豆マングローブレンゲショウマ和歌山オゴクダ鹿児島錦江湾海猿トンボ迷蝶月島天然石ニジイロクワガタ飼育樹海セイヨウオオマルハナバチ梅シロップ品川水族館狭山丘陵富士山日の出江の島バリ島地震ミルク蟹スミレ昆虫多摩川PASMOホーランドロップ写真ガーデニングウスタビガマダガスカルヒルヤモリ日記デジカメぼけコーチマダガスカルヒルヤモリ招き猫角煮YouTube開聞岳桜島イデミスギノケーキアンブロワジー木登りメジロ青カビチーズ野鳥おかゆ夕焼け石垣島まーにグッピーアクアリウム単体珊瑚トロピカルフルーツマンゴスチンタイリクショウジョウトンボ画像D80デジイチウスバキトンボ霜柱マクロ南アコレクション中華料理ソシンロウバイベニオビショクコウラサボテンヤゴ羽化万華鏡ブラヴィッシーモディズニーシーお絵描き年賀状干支動画クマムシクリスマスサンタクロースクイズウィローモスヤモリ影絵レッドラムズホーン水槽アンモナイト化石ミネラルショー紅葉銀杏民間療ドリアン果物サシガメ地衣たんぽぽカリン酒カリン蜂蜜漬け花梨蜂蜜民間療法効能雪虫松ぼっくりムベ山野草ツワブキハトムギ水いぼお茶コーン茶深海ミラクルフルーツMacテンプレート手作り健康螺旋奥多摩お土産不具合比較ミネラルウォーター丹波村釣り堀小菅の湯奥多摩湖うさうさ占い穿孔エイリアンどんぐりお菓子タカラガイ三浦半島ビーチコーミングイチジクラフランススターフルーツ食べるドラゴンフルーツぶな三浦海藻エビハロウィンキャラクター仮装可愛いディズニーランド遊園地バッタカタバミスズカケノキご飯むかご伊奈半左衛門宝永大噴火富士ブナ富士景色釣りタチウオオオグソクムシ太刀魚民間治療薬ドクダミ熱帯魚ベタ草木染めタンニン赤ちゃん指しゃぶりとんぼ海外綺麗家庭菜園実り木の実自然韓国オオグソクムシ5878カニ特別天然記念物

激安通販ブログ

ブログ内検索

キーワードの言葉を入れて下さい。例えば どんぐり 等と入れます。関連記事が表示されます。

RSSフィード

大好きリンク先*貝殻缶はリンクフリーです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。